意外と知らない?ダイエット茶の効果

 

ダイエット茶は飲めば痩せるんだろうというのは何となく理解できることだと思います。

 

でも、どんな効果でどう痩せる?というのを知って飲むのと、ただ適当に飲むのとはそのダイエット効果が変わってきてしまいます。

 

せっかくダイエットをしようとして飲むのなら、最大限の効果が得られる飲み方をした方がいいに決まっています。

 

そこで、ダイエット茶に含まれる成分からその効果をまとめてみました。

「緑茶」に含まれる成分とダイエット茶の代表格「プーアール茶」に含まれる成分

プーアール茶は、緑茶と同じ茶葉を発酵させて作られます。意外と知らない人が多いのですが原料は緑茶と同じ茶葉なんです。

緑茶に含まれる成分

カテキン

ポリフェノールの1種で体内に発生する活性酸素を除去する作用があります。

 

活性酸素は老化やガンの原因になるもので、呼吸するだけでも発生してしまいます。

 

カテキンは酸化されやすい特徴があるので体内で酸素と結びつき、体が活性酸素により酸化されるのを防いでくれます。

 

また、カテキンには消化器官から分泌されるアミラーゼなどの糖分を分解する消化酵素の働きを阻害します。

 

これにより糖質の急激な吸収が抑えられるためダイエット効果が期待できます。

タンニン

ポリフェノールの1種で、収れん作用を持ちお茶の渋みのもとになります。

 

抗酸化力があり、生活習慣病や老化を防ぐ働きがあります。

 

また、メラニンが作られるのを抑制する作用もあるので美肌や皮膚の保護にも効果が認められています。

プーアール茶に含まれる成分

・重合カテキン・没食子酸(もっしょくしさんorぼっしょくしさん)

重合カテキンは、カテキンが集合したような物質です。

 

ポリフェノールの1種でカテキンと同じような効果があります。

 

没食子酸もポリフェノールの1種です。

 

タンニンが集合したような物質でタンニンと同じような効果があります。

 

プーアール茶は、茶葉を長期間「黒麹菌」で発酵させて作られますが、その過程で重合カテキンや没食子酸が形成されます。

 

カテキンよりも抗酸化効果は低いとされますが、脂肪の吸収を抑える効果はカテキンより高いため、緑茶を飲むよりプーアール茶を飲んだ方が高いダイエット効果が期待できます。

まとめ

緑茶は抗酸化力が強く、プーアール茶は脂肪をつきにくくする効果が高いお茶です。

 

この観点から、ダイエットを重視したい場合にはプーアール茶を食事と一緒に飲むようにすると良いでしょう。