ダイエット茶?お茶を飲むだけで本当に痩せる!?

 

ダイエット茶は、飲み方に気をつけて継続して適量飲むことで ダイエット効果が期待できます。

 

それは、ダイエット茶に含まれている成分が脂肪の吸収を抑制する効果や脂肪の燃焼を促す効果があるからです。

 

また、水分も摂取も新陳代謝を促すためには大切なことですので、継続して飲むことで水分摂取を意識することにも繋がります。

 

人体の60〜70%は水分です。

 

いかに人間が水分を必要としているのかが分かると思います。

 

しかし、多すぎる水分摂取は、人体に害になります。何事も適度が大事なわけです。

 

ということで、ダイエット茶の適度とされる摂取量を見ていきましょう。

ダイエット茶の適度な摂取量とは?

人体は汗や呼吸、排泄などで水分が体内から排出されます。

 

この量が、だいたい1日2リットルほどだと言われています。

 

ですから、水分はこの量と同じ程度摂取することが望ましいとされます。

 

もちろん、スポーツをしたり岩盤浴に入ったりして汗を大量にかいた場合は、かいた分だけ水分を補う必要があります。

 

まずこれを意識してダイエット茶を飲むと良いでしょう。

 

ダイエット茶には、カフェインを含むものが多く存在します。

 

それは、カフェインに脂肪燃焼を促進する効果が認められているからです。

 

また、カフェインには利尿作用があり、むくみを解消してくれます。

 

ただ、むくんでいない場合、脱水症状を引き起こすと懸念されています。

 

これは普段からカフェインの摂取をしていない人に見られる症状のようです。

 

カフェインは3〜4日で耐性ができ脱水症状を起こすことはまれのようです。

 

むくんでいない場合には、この利尿作用で失われた量の水分も摂取はした方がいいでしょう。

 

むくんでいるかむくんでいないかは、舌をみれば分かります。

 

舌に歯型がくっきりと付いている場合は水分過多でむくんでいます。

 

おそらく塩分の取りすぎだと思われます。

 

また、足のすねの骨に指を押し当て白く残る時間が長い場合や、なかなか指の跡が消えない場合はむくんでいます。

 

靴下の跡がくっきり残っている場合も同じです。

まとめ

ダイエット茶は、1日の水分摂取量の合計が2リットル程度になるように適度に取り入れながら飲むと良いでしょう。

 

また、汗を大量にかいたりした場合はかいた分、水分摂取を心がけましょう。