知っておきたい!ダイエット茶って妊娠中や授乳中に飲んでも大丈夫?

 

妊娠中や授乳中は、いつもよりも飲食物に気を使う時期ですよね。それに、どうしても太りやすい傾向にあり、ダイエットしたいと思う人も多いと思います。

 

そこで、ダイエット茶は妊娠中や授乳中に飲んでいいのかをまとめてみました。

妊娠中や授乳中に避けたいお茶はカフェイン入りのお茶

妊娠中や授乳中には避けたほうがいい成分のひとつはカフェインです。

 

カフェインを摂取すると赤ちゃんの成長に必要な葉酸の働きが阻害されてしまい、先天性の異常が出るリスクが高まる可能性があると言われています。

 

また、神経過敏な赤ちゃんが生まれてくる可能性もあります。

 

ですから、妊娠中や授乳中にはカフェインレスのお茶を飲むことをおすすめします。

カフェインレスのお茶の紹介

ゴボウ茶

ゴボウ茶は食物繊維が豊富に含まれるため、便秘解消効果やデトックス効果が期待できます。

 

また、ゴボウの皮にはポリフェノールが含まれています。

 

抗酸化作用がありストレスがたまりやすい時にはしっかり摂取したい成分です。

ルイボスティー

ルイボスティーは鉄分をはじめとするミネラルが豊富に含まれているお茶です。

 

亜鉛・ナトリウム・カルシウム・カリウム・マンガン・リンなどがバランスよく含まれているので赤ちゃんのためにも是非取り入れたいお茶です。

 

少しくせがあるのでルイボスティーの味が好きな人にはおすすめです。

 

むくみ解消や安眠効果もあるお茶です。

杜仲茶

中国で健康茶として親しまれているお茶です。

 

豊富なミネラルやビタミンが含まれていて、脂肪がつきにくくなる効果があります。

 

デトックス効果が高いお茶として人気があります。

ゆず茶

ゆずの皮には赤ちゃんに必要な栄養素の葉酸が含まれています。

 

また、ビタミンCや鉄分・ミネラルを含み体を温める効果もあります。

麦茶

夏場に欠かせない麦茶は鉄分やミネラルが含まれていてごくごく飲んでも大丈夫なお茶です。

 

とは言っても飲み過ぎはだめですよ。

 

香ばしい香りがストレス軽減になります。

 

栄養価は緑茶ほど高くはないですが、血行促進や血圧を下げる効果・抗酸化効果などがあるお茶です。

まとめ

ダイエット茶には、カフェインが含まれているお茶が多くあるため注意が必要です。

 

また、キャンドルブッシュやセンナ茎が含まれているお茶は刺激が強いので避けるようにしてください。

 

よくよく調べると栄養があってノンカフェインのお茶はたくさんありますので、お気に入りのお茶を見つけてくださいね。