ダイエット茶でアレンジレシピ!どんなレシピがあるのか知りたい

 

せっかくダイエット茶を購入してみたものの、どうしても味が…とか、ちょっと飽きた…なんていうことがありますよね。

 

そんな時はダイエット茶に含まれる成分だけ流出してアレンジすることがおすすめです。

おすすめのダイエット茶アレンジレシピを紹介します!

基本的にお茶は蒸らすことで成分をより流出できるという特徴があります。

 

水出しよりもお湯出しの方が色も濃くなりますよね。

 

緑茶に含まれるカテキン・烏龍茶に含まれる烏龍茶ポリフェノールや、プーアール茶に含まれる重合カテキンなどのポリフェノール類は、抗酸化効果が高く熱に強い特徴がありますので、温かい料理にアレンジしても栄養を取り入れることができます。

ダイエット茶で寒天ゼリー

寒天は、食物繊維が多く含まれていてカロリーも低いのでダイエットにおすすめです。

 

分量を調整すればダイエット茶の味もさほど感じずに美味しく食べられると思います。

プーアール茶+牛乳でプーアルチャイ

プーアール茶と牛乳を混ぜて温めて作ります。

 

プーアール茶は体を温める温のお茶と言われています。

 

ホットするひと時にプーアルチャイはいかがでしょうか。

ダイエット茶でジンジャーティー

お茶に生姜のすりおろしとハチミツなどを混ぜて作ります。

 

生姜は、一度加熱や乾燥させると体を温める効果があるショウガオールが形成されるので、生ではなく乾燥させた物や加熱したものを使用することがポイントです。

梅干しとダイエット茶でお茶漬け

梅干しは、糖質の吸収を抑制する効果・脂肪の燃焼を促す効果があります。

 

ダイエット茶と梅干しでお茶漬けなんていかがでしょうか。

まとめ

薄めてしまえば味はほとんど気にならなくなると思います。

 

余ってしまった時や気分転換にいろんな飲み物や料理にアレンジすると良いと思います。

 

ただ、ダイエット茶に含まれる成分によっては、お子さんや妊婦さんには適さない場合もありますので注意してくださいね。

 

基本的にカフェインが含まれているものはお子さんや妊婦さんは摂取しないようにすすめられています。