気になる!ダイエット茶にはどんな成分が含まれてる?

 

ダイエット茶は、ダイエットをサポートしてくれる頼もしい縁の下の力持ち的存在です。

 

じわりじわりとダイエット効果が現れて、飲み続けている人の中には、あれ?いつの間にか○キロ痩せていた!なんてこともあるのではないでしょうか。

 

ダイエット茶に速効性は期待できませんが、習慣にすれば特に苦労することもなくダイエットできているなんて嬉しい効果があったりするのがダイエット茶のいいところです。

 

ダイエット効果の他にも美肌になったりとアンチエイジング効果があるのもダイエット茶のいいところですね。

 

そんなダイエット茶に含まれている成分にはどんなものがあるのでしょうか。

脂肪燃焼・脂肪が蓄積されないようにサポートしてくれる成分

ポリフェノール類

緑茶のカテキン・烏龍茶の烏龍茶ポリフェノールなどの成分には、脂肪の分解を促進する効果があります。

 

運動の30分前くらいに飲むことでより高い脂肪燃焼効果が期待できます。

 

また、糖質の急激な吸収を抑える効果があります。

サポニン

吸収されたブドウ糖が脂肪と結びつくのを防ぐ効果があります。

 

余分な脂肪がたまるのを抑制することでダイエット効果が期待できます。

アントシアニン

目にいいというのはよく知られていますが、脂肪の代謝を促進して脂肪が蓄積されるのを防ぐ効果があります。

 

抗酸化力が強いのも特徴です。

カフェイン

運動前にコーヒーなどカフェインが入っている飲み物を飲むことで脂肪燃焼効果が促進されます。

 

有酸素運動は基本的に運動し始めには糖質をエネルギー源にしています。

 

しかし、カフェインをとることで脂肪をエネルギーにする効果が高まるといわれています。

まとめ

ダイエット茶には、運動する前に飲むことで蓄えた脂肪を燃焼する効果が飲まない時よりも高まるという成分が含まれていることが多いのが特徴です。

 

また、食事中に飲むことで食べた物に含まれる脂肪や糖の吸収を抑える効果がある成分も兼ね備えているものも多いです。

 

ダイエット茶の効果的な飲み方としては、運動前に飲む・食事中に飲むということになります。

 

カフェインなどは空腹で飲むと胃が痛くなる場合がありますので、あまり無理をしないように適度に取り入れると良いでしょう。