ダイエット茶って緑茶を飲むみたいに続けられるの?

 

日本人が昔から好んで飲んできた緑茶。

 

そんな緑茶を飲むことは生活の一部になっているという人も多いのではないでしょうか。

 

緑茶を飲むとホッとするし、虫歯になりにくくする殺菌効果があったり、乾燥するする季節の喉からくる風邪の予防になったり、美白効果があったりといいところがいっぱいありますよね。
もちろん、脂肪の蓄積を抑制する効果や脂肪燃焼を促す効果もありますよね。

 

では、ダイエット茶と言われるお茶は、緑茶と同じように飲んでもいいのでしょうか。

ダイエット茶には飲み続けることが効果的でるものが多い!

まず、ダイエット茶には脂肪の吸収を抑制する効果が高いもの、脂肪の燃焼を促す効果が高いもの、便秘解消効果が高いものがあります。

 

このうち、脂肪の吸収を抑制する効果が高いもの、脂肪の燃焼を促す効果が高いものは継続して飲むことでダイエット効果を発揮します。

 

だったら緑茶でもいいんじゃないの?と思うかもしれませんが、ダイエット茶は効果的な成分が凝縮して配合されているものが多いのです。

 

ということは、ダイエット効果も高くなるということです。

 

ですから、それほど濃くはない緑茶と同じ感覚で飲んでいれば、ダイエット効果がよりアップするということになります。

 

また、便秘解消効果が高いダイエット茶は、便通が悪い人にこそおすすめです。

 

便秘解消効果が高い成分はキャンドルブッシュやセンナ茎です。

 

これらは、強い作用が出る場合がありますので便秘にお悩みの場合に購入することをおすすめします。

ダイエット茶は飲み過ぎに注意

普段の水分補給や、ご飯のお供にお茶を飲むことが多いと思いますが、そのような感覚でダイエット茶を飲むのがおすすめです。

 

ダイエット茶は、成分が凝縮して配合されている場合、飲み過ぎると腹痛や下痢、胃痛や頭痛を招く恐れがあります。

 

例えば、コーヒーのカフェインを摂り過ぎればそのような症状になることがありますよね。

 

緑茶にもカフェインは含まれていますがコーヒーより少ないので、コーヒーを飲み過ぎると眠れなくなるよとは言われても、緑茶を飲み過ぎると眠れなくなるよとはあまり聞かないのではないでしょうか。

まとめ

ダイエット茶はコーヒーのようなイメージで飲んだ方がいいと思います。

 

たくさん飲めばダイエット効果がアップすると思う人がいると思いますが、たくさん飲めば副作用も起きる可能性があがります。

 

健康維持の目的で飲むなら緑茶を飲む、ダイエット目的で飲むならダイエット茶を飲むというように、ケースバイケースで習慣にしていくことが健康とダイエットには効果的です。