面倒だからダイエット茶って作り置きしてもいい?

 

ダイエット茶は毎日飲むことをすすめられているものが多いのですが、毎日何回も作るのは面倒…と思う人もいると思います。

 

そこで、作り置きするための方法を紹介します。

沸騰させたお湯で作ったダイエット茶は日持ちしない?

お茶は基本的に沸騰したお湯で蒸らしてから飲むことが多いのですが、水道水で沸かしたお湯の場合、沸騰させると塩素が飛びます。

 

すぐ飲む場合は塩素が飛んだお湯の方が健康面ではいいのですが、塩素が飛んだお湯は雑菌が繁殖しやすくなるため、あまり日持ちしません。

 

特に温かいまま放置するとたちまち雑菌が増殖してしまいます。

 

水道水は塩素が含まれていますので、密封容器での保存期限は常温(直射日光を避けて涼しい場所)で3日・冷蔵庫で10日(東京都水道局より引用)とされています。

 

お茶には養分が含まれているので、もう少し短くなると思います。

 

塩素が気になる場合は、お湯出ししてなるべく早く飲むことをおすすめします。

ダイエット茶の作り置きは冷蔵保存で1〜3日分までに

麦茶の場合、お湯で煮だして荒熱をとり、冷蔵庫で保管すれば4〜5日は持つようです。

 

緑茶などのカテキン入りの飲料は、作り置きすると酸化しやすいためおすすめされていません。

 

ダイエット茶をホットで飲む場合は、1日分だけまとめて作りマグボトルなどの密封容器に入れて1日で飲み切るという方法がおすすめです。

 

マグボトルは口をつけて飲むので雑菌が繁殖しやすくなります。気になる場合はコップなど別容器に入れて飲むといいですね。

 

1日で飲み切れなかったら、廃棄することをおすすめします。

 

家庭で作り置きする場合は、お湯出ししたあとガラスの容器に入れて荒熱を取り、冷蔵庫に保存して1〜3日で飲み切ることがおすすめです。

 

入れ物はプラスチック容器よりもガラス製の容器の方がおすすめです。

 

プラスチック容器は細かい傷がつきやすいので洗い残りなどで雑菌が繁殖しやすくなるようです。

 

容器を煮沸消毒すると雑菌の繁殖が抑えられます。

 

また、ガラスの容器で直接蒸らす場合があると思いますが、ティーパックを入れっぱなしにすると雑菌が繁殖しやすくなるので早めに取ることをおすすめします。

 

お茶は、腐るとにおいや色が変わったり、ぬめったりトロっとしてきたりします。ちょっとでもおかしいと思ったら飲まないようにしましょう。